2012年9月15日土曜日

【GMOD】アドオンを作ってみる その1【Steam】

タイトルは一応その1にしてありますが、どうかねー?


はい、とりあえず、第一回目なので、箱を追加してみたいと思います

また、この記事を書きながら調べて作ってるので文面がおかしいところがあるかもしれません



必要なもの

  1. Milkshape3D
  2. VTFEditor
  3. GUIStudio
  4. やる気


まず、Milkshape3Dをインストールし、起動します

するとこのような画面が開きます

















右にあるBoxボタンを押して、灰色のマスで適当にD&Dしてみましょう

すると

















あら不思議、箱が出来上がります(線が赤いのは気にしたら負け)

(右下の画面はD&Dで視点を変えることができます)

今回はこの今できた箱を追加したいと思います




その次にjointボタンを押し、(jointsタブではないので注意)左下でない画面のどれかで、画面の中央をクリックします

















点が付きました

多分これが重心になると思います(何の根拠もない俺の予想)





その後、Ctrl+Aを押し、全て選択、上のリストボックスにjoint1が選択されてることを確認してAssignボタンを押します

これで、点と箱が結び付けられました



適当に右下以外の画面をクリックし、選択を解除

その後、SelAssignボタンで、どれが結び付けられたのか確認できます(この時の確認では、頂点しか赤くならないので注意)



ここで一旦モデルづくりは終了


次にテクスチャを書きます


ペイント(GIMPとかでもいいですが)で、512x512の画像を作成、なにか適当に塗って、png形式で保存します




















あっ、作業フォルダを作るのを忘れてました

適当な場所に作業フォルダを作ってそこに保存してください


保存した画像を、VTFEditorでImportで開き、出てきたオプションはそのままOK














その後、FileからSeveでvtf形式で保存します



そして、Tools → Create VMT File を開き、なにもせずOptionタブを開きます
























その後、ShaderをVertexlitGenericに変更してCreate そのまま保存します



VTFEditorさんには閉じてもらって、もういちどMilkshape3Dを開き、

Materialタブを開いて、Newボタン、その後、<None> と書いてあるボタンの内、上を押して、先ほどのvftファイルを選択します


















その後、箱をCtrl + Aで選択してAssiqnを押すと!!!



















あれれー?

何故かうまくいかないので、Diffuseキーから色を黄色に変更しました

まあいいや





FileからSaveで*.ms3d形式で保存、

その後、ExportでHalf Lifeなんとかで保存




Milkshape3Dさんはこれで終了して構いません



続きは日本語のものを見つけたので

http://pnikki.blog.fc2.com/blog-entry-92.html

の5番からどうぞ!!(めんどくせ!)

0 件のコメント:

コメントを投稿